ナーセリー斎藤シクラメンの生産・直売 ナーセリー斎藤
よくある質問

こちらではお客様からお寄せいただいた、よくある質問についてお答えします。

プレゼント用のラッピングはできますか? ラッピング

 

 

 

数種類の中からお客様に選んでいただいております。

▲ページのトップへ戻る

メッセージカードをつけられますか?

数種類の中からお客様に選んでいただいております。

▲ページのトップへ戻る

良いシクラメンの選び方は?

シクラメンは、小葉で葉のそろいが良く、枚数が多いのが良いと言われています。

▲ページのトップへ戻る

メッセージカードをつけられますか?

【置き場所】

ガラス越しの日当たりの良い窓辺に置いて、一日最低2~3時間日光に当てて下さい。風には弱いので直接風の当たらない所へ置きます。

凍るような寒さでなければ、かなり低温に耐えます。むしろ高い温度に弱く、株も乱れますのでストーブ・暖房機などのそばへは絶対に置かないで下さい。

 

【肥料の与え方】

市販の肥料で十分です。ハイボネックス等の液肥は1000倍に薄めたものを週一回、水くれがわりに与えます。化成肥料でしたら月一回、大粒で5~6粒、小粒でひとつまみ(2~3g)与えます。肥料を与えないと葉の色が悪くなり花も小さくなりますので、必ず与えるようにしたいものです。

 

【水の与え方】

鉢土の表面が乾いて白っぽくなり始めたらたっぷりと、鉢底の穴から水が流れ出るくらい与えます。水くれの回数が多すぎて鉢土が極端に過湿になると根腐れをおこし長持ちしないので、しおれない程度に乾かし気味に管理してください。おおよその目安は2~3日に一回ですが置く場所によって乾き方が違ってきますので、乾いたらやるようにします。

水を与えるときは葉や花に水がかからないよう葉を手で持ち上げて、鉢のわきから与えるようにします。受皿には過湿を防ぐため水をためないで下さい。天気の良い日に時々葉を洗って、ほこりを落としてやることが必要です。

 

【花が終わってからの管理】

四月上旬までで肥料は打ち切って、それ以降は水だけ与えます。枯葉はていねいに除去し、夏の間は半日陰のできるだけ涼しい所へ置きます。八月下旬になったら鉢をひとまわり大きく植えかえます(用土は赤土と腐葉土半々)。それ以降の管理さえよければ12月~3月頃、再び開花して楽しむことができます。

▲ページのトップへ戻る

発売開始日をインターネットでチェックできますか?

当サイト内の栽培カレンダーのページでは播種からおおよその販売時期をまとめたスケジュールカレンダーを掲載しています。是非ご覧下さい。

 

栽培カレンダーのページを見る

▲ページのトップへ戻る

どこで購入できますか?

当サイト内のMAPのページにナーセリー斎藤の地図がございます。
シクラメン直売中に限りご購入いただけます。(11月初旬~12月頃)

 

MAPのページを見る

 

▲ページのトップへ戻る

駐車場はありますか?

80台分の駐車場がございます。その他の設備に関しては生産概要のページをご覧下さい。

 

生産概要のページを見る

 

▲ページのトップへ戻る

シクラメン以外の花も購入できますか?

花壇苗ですと、パンジー・ビオラを中心にガーデンシクラメン、ジュリアン、ポリアン、アリッサム、ストック、ノースポール、葉ボタン、カレンジュラ。ポインセチア(6寸・5寸)、千両、万両、ポリアン(4.5寸)、ミニバラ、シーマニア・・・など、季節の花苗を多数揃えています。

 

▲ページのトップへ戻る

休憩できる場所はありますか?

椅子が5個以上ありますので、ごゆっくり御休憩下さい。

 

▲ページのトップへ戻る

copyright(c) Nursely saito All Rights Reserved.